引越し業者小平

引越し業者小平での1番簡単な選び方

引越し業者小平

引越し 費用 小平

引っ越し業者 小平

引越し業者 見積もり 小平

引越し価格 小平

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると小平市だけでも20件近くヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。

 

サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し料金のしくみ

小平 引越し しくみ

 

引越し料金は、主に人件費+移動距離+オプションの有無によって決まります。
これらはおもに荷物の量で大きく変わります。

 

同じ一人暮らしの引越しでも、荷物が少ない人と多い人とでは当然ですが引越し費用は違ってきます。
壁にびっしりと本が並べられているような方の引越しはそうでない人に比べて高くなります。
例えば本を宅急便で運ぶのでさえ送料が違うのが想像できますよね。それと同じです。

 

人件費も荷物の量が多ければ多くのスタッフが必要です。
荷物が多ければトラックまで何往復もしなければなりませんので、短時間で終わらせるためにもスタッフを増員して対処します。
さらに新居までの距離が遠ければ遠いほど運転が危険となりますので、、トラックの運転手も交代の人が必要となります。

 

他にも例えば4階の引越しでエレベーターが無い物件や、道が狭くてトラックを物件の近くに横付けできない場合は多くのスタッフが必要です。
このように引越しに必要なスタッフの数は人それぞれ違うのです。

 

さらに引越しの距離が遠ければ、当然高速道路を使用しますので交通費が高くなります。
ガソリン代も多くかかります。これらの費用がすべて引越し料金に反映されるため長距離引越しは高いのです。

 

そして最後のオプションは必要な人だけ使うものです。
引越しをするすべての人がエアコンの移設やピアノの運送を希望しているわけではありません。
これら特殊なものには別料金が設定されていて、希望者にだけ付けられるというものです。

 

このように引越し費用はいろいろな要素が集まってできていますので、宅配便のように何キロまで〇〇円という表示が出来ないです。
もしあなた自身の引越し費用の相場や最安値が知りたければ、複数の引越し業者から見積もりを取ってみるのが1番の近道です。

 

 

引越しの手順

 

引越しの手順

 

引越しはたくさんすることがあって混乱しますね。
でもおおまかな手順を知っておくと便利ですので、ぜひ一度ご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解きをする。
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

結構いろいろありますね。いかがですか?

 

引越し業者への見積もりは新居の住所がわからないと正確な費用が算出することができません。

 

物件までの距離が遠い、上層階なのにエレベーターがない、トラックが近くに停められない。
このような場合は通常よりも引越しに時間がかかると想定できるため、引越しの費用は高めになります。
時間がかかるということは、それだけ人件費がかかるからです。

 

引越し業者に見積もりをするのは、新しく入居する物件が決まってからにしましょう。

 

そして引越し当日までに、できるだけ荷物を減らしましょう。
なぜならいらないものを運ぶのにも費用がかかるからです。

 

不用品はこの機会に売る・あげる・捨てるなどして荷物を減らしましょう。

 

市外引越しの場合は、現在の住所の最寄りの役所に転出届を出しましょう。
引越しの2週間前から出すことができます。
これを出し忘れるとわざわざ提出に戻るか、郵送してもらうなど余計な手間がかかるので必ず先に出しましょう。

 

電気・ガス・水道は日割り計算で精算してくれますので、まずは各会社に「引越しするので○○日まで使いたい」と言いましょう。
支払い方法は会社によって違うので、電話で確認してください。

 

引越しの日は家具の置き場所などを指定する必要があります。
家具は重いので後で移動が簡単にできませんから、どこに置くかしっかり決めておきましょう。

 

郵便物の転送は最寄りの郵便局で出来ます。
1年間は転送してくれますので、その間に知人に引越しした旨を連絡して下さい。

 

同じ市内での引越しなら転居届を、市外からの引越しなら転入届を新居の最寄りの役所に提出してください。
引越し日から2週間以内に行いましょう。

 

他にも住所変更が必要そうな、免許証・保険・パスポート・カード会社・銀行などには連絡してください。

 

いろいろすることはありますが、一つずつこなせば案外すぐに終わるかもしれません。大変ですが、頑張ってくださいね。

 

 

引越しの挨拶

 

引越し挨拶

 

引越ししたら当日か翌日にはご近所へのあいさつに行きましょう。

 

ご近所へ挨拶をしておくと、その後の印象が変わりますので面倒と言わずに挨拶はしたほうがいいです。

 

では引越しの挨拶はどこまで行けばいいのでしょうか?
マンションやアパートならば、上下左右の部屋の方に挨拶に行くのが一般的です。
集合住宅の生活音は案外気になりますので、挨拶をしておきましょう。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合はその方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言いますが聞いたことはありますか?
自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒にはご挨拶しておこうというものです。

 

一軒家はゴミ出しにルールがあるので、自治会長さんにもご挨拶していろいろと聞いておくと安心ですね。
戸建て、とくにマイホームであればご近所トラブルは避けたいものです。

 

もちろん挨拶だけという方もいますが、500〜1000円程度の粗品があったほうが行きやすいかと思います。
あまり高級なものだと相手が気を使ってしまいます。
どのようなものを用意するかは人それぞれですが、洗剤やタオル、ラップなどの実用品からお茶、コーヒー、クッキーなどのお菓子などが多いようです。

 

挨拶はできれば引越し日までに、遅くても翌日までには行きましょう。

 

 

引越しの初期費用とは

 

引越し初期費用

 

引越しにはお金がかかりますが、大きな金額がかかるものは引越し代と物件の契約料ではないでしょうか。
マンションやアパートを初めて借りるという方は、入居時にかかる費用についてよくわからないと思います。
分かりにくい名前になっていますので、契約時にかかる初期費用について記しますね。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがあります。

 

敷金は物件の退去の際に汚れた壁紙などを補修する費用で貸主に預ける形になっています。
多くの場合、部屋を綺麗に使って退去時に特に問題がなければ返還されます。
入居前からある大きな傷や汚れは家具を搬送する前に写真に収めておいて元からあったという証拠を残しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われていたものです。
指定されている場合は支払う必要がありますが、最近は礼金ゼロという物件も増えました。
アパートの数が増えたため、少しでも入居者が入りやすくするために、礼金ゼロにしている貸主さんもいます。

 

さらに物件によっては2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
これは家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認する意味合いもあります。
逆に1か月フリーレントで1か月分の家賃が無料という物件もあります。

 

マンション、アパートの初期費用は多様化していますね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
法的に決まった金額というのがないので、家賃1カ月分だったり、家賃の数パーセントだったりと会社によって違います。

 

昔は賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書にサインさせたりしたものですが、最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えました。
一人っ子や親戚がいないなど、連帯保証人を立てられない人が多くなりました。
そこで連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので、必ず火災保険に加入しましょう。
例えば隣部屋が原因で火災が起こった場合でも自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないのです。
日本は密集した木造住宅が多いですから、1人の火災保険でご近所すべての火事を補償することができません。火事は自己責任なのです。
火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行いましょう。
例えば前の住人がスペアキーを作っていた場合、その正確な数はわかりませんからすべてが返却されたかどうかはわからないのです。
やはり他人が自分の家のカギを持っているのは気持ちのいいものではありませんものね。
費用は1.5〜2万円くらいです。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差があります。
契約する前にしっかり確認しましょう。